数年前まではぱっちり二重だったのに・・いつの間にか片目だけ一重まぶたに(泣)

認めたくありませんが、仕方ありません。
まず認めてからでないと対策がとれませんでした。

 

つまり、もともとパッチリとした二重まぶただった私が30代後半、39歳くらいでしょうか、片方の右目だけ一重まぶたになってしまったことですね。左目は二重のままでした。

 

時間はかかりましたが私が認めた3つのこと。
それは加齢による肌のたるみ、重力で肌が下がってきたのと、そして顔にお肉がついてきたこと、この3つ全部です。これがおそらく一重まぶたになった原因だと思っています。いまでもそれは間違っていなかったと思います。

 

解決する方法として、二重に戻す方法ですね。私がとった行動は、まずジムに行って痩せること。元々の体型、体重に戻せば顔の肉もシュッとして、二重に戻るのではないか、と思いました。

 

しかし悲しいことに、年齢を重ねるごとに代謝が悪くなり、痩せにくくなるという悪循環(泣)2ヶ月続けて4kg痩せたのですが、まぶたは元には戻りませんでした。

 

その期間中にロフトで買ってきたアイプチセットを使ったりして二重にしようとしていましたが、綺麗にアイプチできなくて使い物になりませんでした。

 

そしていよいよ美容整形外科クリニックにいって相談してみよう、と決意した!

 

いろいろネット検索して調べました。1週間くらい調べて私がだした結論は、二重にするプチ整形です。

 

考え方を根本から見直して、元に戻すのは無理、不可能だということを認めた上で、その上での対策がプチ整形だったのです。

 

二重まぶたにする方法は、メスをいれる切開法と、メスをいれない埋没法。もちろんメスをいれない埋没法を選択。あとから糸を抜いたら元に戻せますよ、という心の保険が効くのが安心に繋がり、決め手になりました。

 

ドクターには1週間ほどで腫れがおさまるよ、と言われていたのですが、完全に腫れが引くには1ヶ月くらいはかかったと思います。最初の1週間はガチャピン状態で、とても不安に思っていました。

 

ボクシングの試合を見たことがある人だったらわかると思いますが、顔面を殴られて目が腫れ上がっている状態、あそこまでいきませんが、それに近いくらい腫れていたと思います。

 

なので、黒縁の厚めの伊達眼鏡をかけて、なんとか目立たなくしてごまかしていました。

 

大満足な結果に。元通りの二重まぶたへ

 

親にも妹にも一言もプチ整形したことを言っていません。そして家族とは別居しているので、2ヶ月ぶりに最近あったのですが、なにも気づいていません。そのくらい自然な仕上がりで、左右の二重がバランス良く仕上がっています。

 

いま二重まぶたが一重まぶたに戻ってしまったということで、悩んでいる人がいたら、プチ整形という選択肢も全然ありだということを知ってほしいです。

 

ダウンタイムが少しあるのがデメリットですが、それ以外のデメリットはありません。金銭的にも10万円以下でおさまります。私の場合は7万円くらいでした。

 

以下が私が1週間調べた中でよさそうなクリニックとなります。1位にしている整形外科は単に私がお世話になって満足しているという理由からです。ご参考になれば幸いです。

 

二重プチ整形 おすすめクリニックランキング

 

 
シロノクリニック

シロノクリニック

シロノクリニックの特徴

WEBから初診予約で通常3000円の初回カウンセリングが無料になります。私は大阪のシロノクリニックでお世話になりました。カウンセリング後にまた通うのが面倒だったのでその日のうちに二重に戻してもらいました。まずはしっかりとカウンセリングをしてもらいいくらくらい費用がかかるのか聞いてみましょう。

初回カウンセリング WEB申込みで無料
評価 評価5
店舗 恵比寿・銀座・池袋・横浜・大阪
シロノクリニックの総評

リンク先ではシミ肝斑、しわ、ニキビ跡が気になる方へ〜という内容になっていますがこのページからカウンセリングを予約することで無料になります。